Re:忘却の彼方

美しいから飛べるんです、飛行機は。

嘘かと思ったら現実だった。

ここに、以前某試験の経験者募集がある旨を書いたと思う。

試験が行われたのは10月1日。

択一はあまりにもわからな過ぎて最終的には塗り絵大会と化し、

経験者論文は時間が足りなくて力技で無理やりねじ伏せて帰宅するという所業を成し遂げてから約1カ月、私の元にある封書が届いた。

 

「不合格」通知を送りつけてこなくともわかってるわ、性格悪いねおたくんとこ・・・

と思って開けたら

 

まさかの一次試験合格通知・・・・・

 

嘘かと思った。

てか完全に嘘だと思って、自分自身が一番驚愕し、

本当に通ったのかよとサイトで合格者番号確認した(笑)。

 

で、二次試験がなんと

 

入間基地航空祭の翌日の11月4日!!!!!

 

いろいろと書面を揃えにゃならず(大学の卒業証明やら住民登録証明やら)

27日金曜に仕事を遅刻して慌てて手続きし、

現在、政策課題討議、面接の対策まっただ中。

https://www.instagram.com/p/Ba0f249nFHD/

 

恐らく経験者であるので、現在の仕事内容や経験なんかをいろいろと聞かれるであろうってことで、振り返りそれをまとめたり、

政策課題討議がどういった内容なのかⅠ種の院卒の経験者のブログを読んだり、時事問題をソッコーで調べたりとこの1週間そんな調子である。

ちなみに面接カードなるものもあって、そこにいろいろと記入せにゃならずそれも完成させねばならぬ・・・・・。

 

 

こんなチャンス二度とない。

どうしても受かりたい。

そんなわけで現在、右往左往している・・・・(白目)。

 

今まで神様なんてたいして信じていなかったが、

今、猛烈に土下座して頼み込む。

 

おれはいまどうしても国税専門官になりたいのだ。