Re:忘却の彼方

美しいから飛べるんです、飛行機は。

星ですら同じなんてありえない。人は変わるわ。ずっと同じなんてないの。

星ですら同じなんてありえない。

この台詞をここ最近想い知っている。
なにもかも同じではいられないことを
私は今更感じている。


f:id:saculafubuki:20160306222358j:image

いつか終わりがくることの安堵感と
いつか終わってくれることの寂しさと。

その『終わる』絶対はこの世で数少ない絶対で、
私が終わるまであとどのくらいあるのだろう。

誰の記憶にも残らなくていい、
同じ明日が来てくれるなら、
他に何も、望まないのに。

飛行機はバックできないんだと
今日もまた想い知らされる。

私が望むように
変わらないでいてくれたらいいのに。
永遠になにもかもあの頃のまま、
ずっと私の思うとおりならよかったのに。

無理だとわかっていても
ずっと同じがよかったなぁ。

あたしだって変わってきたはずなのに
もう変わる前がわからない。

帰りの道が見えない。