読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Re:忘却の彼方

美しいから飛べるんです、飛行機は。

何故手作りチョコなのか。


私は、言わずと知れた軽度(敢えて言う)の潔癖症である。

 

海外への渡航時は除菌99.9%のウエットティッシュが手放せず、

デパートや一級のホテル、飲食店、空港のラウンジ以外のトイレは

相当お腹か急降下でもしていない限り使えないし使わない。

一度着た洋服や下着は全部洗い、

(女子の場合ブラジャーやTシャツは型崩れするといって毎日洗わない人も多い)

同じ靴は2日連続で履かない(アウターも同様)。

本当はシーツも毛布も毎日洗いたい(やむを得ず週末洗濯)。

ドリンクバーのコップはできるだけ綺麗なものを見つけ、

除菌ウエットティッシュで磨き、

ファミレスのカトラリーは全チェックして汚い場合は即交換してもらう始末。

ほかにも

コインランドリーでの洗濯は無理、

吊革はできるだけ触らない、

発展途上国へ旅行はいけない、

キッチンの台布巾と食器を拭く布巾は毎日洗濯除菌乾燥。

 

 

つまり私は

手作りチョコレートが食べられない。

 

例え手作りキットで作られたチョコであっても無理である。

 

そう、気持ち悪い。

 

チョコレートはそもそも大変繊細な食べ物で、

プロであっても難しいその温度調整を上手くやらねば美味しいチョコレートに固めることができないそうな。

 

学生の時は作ることに意義を感じそんな気持ち悪いものを

クラスメイトの女子に友チョコと称して配っていた消したい過去もあるのだが、

この年齢になり、

素人のチョコレートとよばれるシロモノが配れる女子の神経を疑っている。

(ちなみに仲良しの人んちのご飯は大丈夫である。食器の汚れとかは超気にするが。)

 

Facebookで旦那の会社の人の分まで作ってる女子の手作りチョコを見た時、

ああ、Facebook更新やめてよかったなと思った(笑)

(世話になってても気持ち悪くて食べられない・・・・)

 

つまり何がいいたいかと言うと

 

2月14日は、

この日の起源になった

 

バレンティヌス司祭が撲殺刑で殺された命日

 

だということを

世間のキラキラリア充女子は知るべきだと云うことだ(笑)。



f:id:saculafubuki:20150216190611j:image


先週事務ちゃんに金沢の芋けんぴを貰って

おなかがすいて行き倒れそうだったので

京王線新宿駅ホームのベンチ(京王線の人はわかるがあの立ってるんだか座ってるんだかわかんない中途半端なベンチな。)でぽりぽりしていた。

32歳にもなって立ち食いなど!と思っていたら

隣に外人カップルがきた。

欧州系のふたりは

私の芋けんぴを見て

『What's this?????』

と聞いてきた。

(私の日本や海外での外人から話しかけられ率は尋常じゃない。ちなみにソウル観光中に、タイ人に乗り換えを聞かれ、NYでも地下鉄のメトロカードのチャージの仕方を外人のおっちゃんに聞かれる始末wwww)

だから私は

『芋けんぴ。芋けんぴis dry sweetpotato!』

と答え、もう半分もなかったので残りを全部あげた。

彼らは嬉しそうにモグモグしてさよならしたのだが、

電車に乗ってから気づいた。


Dry sweetpotatoは『干し芋』のことではないのかと。

ばあちゃんちで干してあるあれではなかったのかと。

しかしdryであることにかわりないので

まぁいいのではないかと(笑)。



f:id:saculafubuki:20150216191050j:image

もちろんその夜英会話学校の資料を取り寄せた。
(いやまぁ大分前から会話だけ先に通うつもりだったわけだけどw)

それにしても私は話しかけられやすい顔なのか。