Re:忘却の彼方

美しいから飛べるんです、飛行機は。

米国旅1

ご存知9月2日から8日、渡米しておりました。 今回はその記録をちょっと詳細にリポートです。 というのも、 私は10ウン年ぶりに米国に渡航し、 今迄は英語も交通も全部他人頼みだったので、 今回は全て下調べし、東京を旅発ったわけです。 航空券の予約をしたのは去年の夏、パリから帰国して少し経った9月。 JALカードを作ってからちくちくと貯めてきたJALマイルが、 いよいよ消失期限が迫っていたため、特典航空券に変える必要が出てきたから。 今回持っていたマイルが70000マイル。 エコノミーで一番遠いパリ、NYの必要マイルが40000マイルだったので 30000マイル余る。 そこで、往復プレエコ(確か往復60000マイル)で飛ぶことにしようと思ってたんだけど 前回パリに行った時に羽田からインボラされてプレエコにされたが、 そんなによくないって知ってたので 急遽、往路だけビジネスにし、復路はエコノミーでっていう荒技を使い予約。 運よく特典航空券の枠でNY往路が空いていたのがこの日程でした。 2月のソウル行きでマイルを使い果たしていたあかねちんは USセイバーって最も安い価格帯で航空券を予約し、サーチャージ別で50,000円で往復予約。 今回は2人の行きたいところをピックアップし、 計画は NRT→JFK→LAS→LAX→NRT のアメリカ横断に決定。 最初をJFKにした理由は、せっかくマイルで行くならと、 最も遠い米国都市がNYCだったこと、 そこから2人で結構前から行きたいと思っていたラスベガス、 あかねちんご希望のディズニーランドの3つ。 東から西への移動は同じアライアンスのAAで予約。 休みがとれるかはもうあとまわしw 最終的には旅行を強行する心意気で休みを取ったりましたわ。 遠出するなら、 英国でもよかったんだけど、 LHRはとにかく空港使用料がバカ高いので (ビジネス利用のサーチャージなんて高すぎて支払うのがアホくさくなる!) SDGやHELを経由して入国するのがめんどうだったことや (おまけに前回のパリで私はSDGで迷子になっている悪夢) 英国には在英しとるりきてぃがいるのでいつまで経っても英語に危機感を覚えずすんでしまうこと、 あとパリは本当にホテルとギャラリーラファイエットしか英語が通じず、 本当に苦労したのでどうしても英語圏がよかったことが理由。 実は日常会話程度ならリスニングに自信があったし、 スピーキングが苦手でも、 最終的には筆記すれば通じるっていう学生時代の記憶があったから結局米国に落ち付きました。 9月2日、11時台のJAL NRT→JFK行き 早朝7時に成田入り。 理由は、 『サクララウンジ』を利用できるから!!! ソッコーマッサージも予約して、 朝ごはんをビュッフェで2回食べ、 サテライトサクララウンジまで行って鮨を食べ、 10時に成田入りするあかねちんを呑気に待ってました。 10時入りしたあかねちんとともにいざ搭乗口へ。 プレエコは乗ったことがあったけれど、 なにしろビジネスは初だったので 写真撮りまくりましたw これはフライトスケジュール。 私は暇ならこの画面を開いてます。 本当に好き。 嵐の特別プログラムしてた。 アメトークもがっつり。 わかりずらいかなと思うけど、 フルフラットになるので、まるで個室なベッドです。 とにかくずっとこの状態。 映画見るときだけちょっと背もたれをあげる。 (画像は阿部寛wテルマエⅡすね) 食事は一回目がフルコース。 私は和牛グリルがあったので即洋食! パンなんだけど、 実はごはんも頂きましたよ! だってはえぬきの炊きたてご飯だぜ! ここからは自由にメニューから頼み放題なので ネギラーメンとシャケいくら丼を。 実は到着二時間前にナントカ監修の和食を食べる予定が まさかの完売で、 シャケいくら丼をもう一度頼みました(笑)。 エンジンより前の景色とか滅多にないから興奮したわなw (続く)