Re:忘却の彼方

美しいから飛べるんです、飛行機は。

夏。

31年間生きて来て

私がかつてどうしても欲しいと思ったのに、

手に入れられなかったものを思い返すと、

せつなくなるなあ。

そしてそれはこれから先も永遠に手に入れられないであろうから

更にせつないなあ。

お金があればっていう単純明快な結論なら、

そらおめぇがもっと働けよ、ってことになるのだけど、

そうじゃないものはどうしたらいいのかね。

「思い出のマーニー」の予告で、

「私はその円の外側にいる」

みたいなくだりがあって、

それはもうもう5年くらい前からずっとそんな感じである。

たいへんもやっとしたその円の向こう側に、

わたしは一生行けない。

たびたびその円の中へ呼んでくれるときがあるのだけど、

行ってみたらやっぱり円の外側で

どうなっているのか聞けないわたしはいくじなしである。

あの年、

あの日、

もうすぐ春になろうかというあの日、

わたしのスイッチを押したせいだ。