読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Re:忘却の彼方

美しいから飛べるんです、飛行機は。

鎌倉。

えりちゃんが鎌倉江ノ島にいきたいと言い出したので、

体調棚上げでちょっくら出掛けてきた。

が、鎌倉どころか神奈川にも向かわず

新宿の農家の台所で何故かランチをし、

井の頭公園で生フローズンヨーグルトを食う、

という

どう考えても全然鎌倉とは無関係なスケジュールになった(笑)。

しかもこの無茶苦茶暑い中、

この私が仕事と買い出し以外で外に出るなど奇跡ですから

最終的にはえりちゃんちで嵐観た(笑)。

もうなにこれ(笑)。

中野の浅見製麺所?で蕎麦食べたのに、

全然写真撮ってないw

今日のスムージー。

りんご、ニンジン、野菜ジュース、豆乳、ヨーグルト。

でも楽しい土曜日でした。

鼻の調子が絶不調で、ぶよんぶよんのなんかが顔についてるだけな感覚で、

もう鼻もいじゃいたいけど(笑)。

そして、昨日高校時代の親友の麻衣子とメールした。

彼女は凄く凄く変わった子だったけど、

無茶苦茶頭がよくて、

いつも学年で5番以内の優等生だった。

テレビは見ないし、芸能人はわからないけど、

唯一私と同じゲーマーだった。

(だから仲良くなれたのだけど。)

そして麻衣子は獣医になった。

大学時代、いろいろとあって

昔から

『他人と関わるのが面倒』って女だったが、

最近実家に戻って

また引きこもっているらしい。

(ちなみに実家も獣医な。)

いでまるの結婚を教えてあげたら

『卒アル見たら私の記憶してる岡田で間違いなかった。』

と彼女は岡田くんを覚えていた。

彼女がもっとも精神的に不安定なとき、

私は、彼女の側にいられなかったので

そのことを今めちゃめちゃ後悔している。

所詮他人なのだと、割りきっていたから。

今思えば

私の最大にやさぐれていた暗黒の5年間の時期だったから、

他人のことなどかまっていられなかったのもある。

実家に帰るときに会う約束をしたので

(麻衣子が家から出るというのはミラクル)

ちょっと楽しみだ。