読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Re:忘却の彼方

美しいから飛べるんです、飛行機は。

弾丸ソウル(マジで英語やります編)

それからミョンドンの 日本で言うUNIQLO、 いやしまむら(ちぃちゃん談)のSPAOで買い物。 (買ってきたものあるんだけど空港→自宅へスーツケース配送なのでまだ家に届いておりませぬ) で! どーしても欲しかった ネイチャーリパブリックの アロエベラ大量購入し、ホテルへ。

買ったもの、週末に全うPする予定。

そしてホテルに帰り、気づく。 2人で2泊するのに、 何故朝食チケットが2枚しかないのか。 ちなみに、我々が泊まったエグゼクティブルームは

常にエグゼクティブラウンジの使用ができ

朝のモーニングタイム、夜のカクテルタイム(両方普通に食事ができる)、

その他の時間のドリンクサービスを何のチケットもなく、

部屋番号を伝えるだけで受けることができるんだが、

何故か朝食チケットが来た。

そこで私の中で

コンラッドソウルはエグゼクティブルームに泊まっていても

チケットがないとエグゼクティブラウンジの使用が出来ないのか。

という疑問。

だから翌日の朝食後、日本語がわかる(と、勝手に思っていたスタッフ)スタッフに日本語で聞いたら

Sorry,English plese.....

と申し訳なさそうに言われる。

そこからが大変だった。

この一連の疑問を英語で説明せねばならない。。。。

単語、熟語、

しまいにはライティング!!!!

てかライティングならわかる英語ってどうなのよ、日本の英語教育!

結果、食事のチケットなしで利用できるとわかったときの

スタッフの女の子と我々の意思疎通のクリア感、

あの空気の感動は忘れられないw

対応してくれたスタッフの女の子(韓国人)にとても気を使わせてしまって、

その日のカクテルタイムでも

「今朝は言葉がわからずごめんなさい」と英語でお詫びされてしまった。

謝る必要があるのはこちらであって、

そもそも日常会話程度の英語を喋れず

彼女に迷惑をかけたのはこちらです!

そしてやっぱり困った時の

ちいちゃん!!!!

ちいちゃんは宿泊客ではないのだが、

別途宿泊客のゲストとして別途チャージ(38000₩)すれば入れるので

(これは韓国案内ギャランティとしてもち我々のおごり)

ちいちゃんを呼び

韓国語での通訳をお願いした。

お互い

全然気にしないで!私のなんちゃってウ○コ英語が悪いの。

いや、私がお客様の言葉を理解できなかったのが悪いの。

を話し軽く感動!!

彼女は「明日チェックアウトしてしまうの・・・・本当に悲しいです(もちろん英語。)」

と言ってくれて私は泣きそうであった。。。。

(あれは間違いなく営業用の言葉でなく本心であったと勝手に思っている!!)

その後、

ちいちゃんにがっつりカクテルタイムの食事を食らわせw

「ここは韓国じゃないです!韓国だけど韓国じゃないです!」

と焼きたてパンと食べまくるちいちゃんの横で

ラウンジで感動の一幕だったのでした。

心残りなのは

最終日の朝食をラウンジでなく2階のZESTっていうレストランでとってしまったため、

(ちなみにエグゼクティブルーム利用客は朝食をZESTでも利用可能)

気を使わせてしまったスタッフの彼女に挨拶ができなかったこと。

ホテルにお礼のメールでもしようかと思っている。

そして私は心に決める。

ちゃんと英語をやります。

Android携帯からの投稿