Re:忘却の彼方

美しいから飛べるんです、飛行機は。

ストロベリーナイト を観た

あらすじ 『警察の過去の失態を隠そうといろいろ頑張ってみたんですけど、玲子ちゃんが勝手なことばかりしたうえに、当の本人はなんとも思っていませんでした。』 なんていうか 私はドラマも原作も見ていて、 なんでこのインビジブルレインを映画化したんだよっていう 気持ちが大きいわけだ。 『姫川玲子の色恋沙汰なんて今更どうでもいいんすよ!』 ドラマのソウルケイジが実によかったので ソウルケイジを映画化したほうがよかったんじゃね? て見終わって そりゃあレビューも酷評だわと納得しました。 そもそもインビジブルレイン自体が 姫川班とは別のところでうんちゃらかんちゃらなので ドラマの 『この事件採るわよ』的な 『いっちょやったるでぇ』的な 姫川班のチームワーク感が好きな私には不満な作品だから こうなることは目に見えていた。 事件そのものも、 ソウルケイジに比べたら屁みたいなもんなのさ。 まぁそれはもうよしとしよう。 なんつっても菊田推し(ていうか西島秀俊推し)の私には モロ切ないインビジブルレインでした。 あぁ菊田あぁ菊田あぁ菊田。

Re:That kinda song-西島!

そんな、感じ。 そして大沢たかおの若頭ぷり。 そもそもその道の人は、 玲子のような 日向で生きている人と同じところに立つときに 実にただの人ぽく振る舞うというのはきいていたので 大沢たかおのよき紳士ぷりは鼻血がでそうではあった。

Re:That kinda song-大沢たかおもイケメソです

そしてその影に隠れて

でも目立ちすぎる金子賢の小物っぷり!!!

ていうか小物すぎだ(笑)。

終始重い空気のこの話において

井岡が出てくるとほっと一息できる生瀬さんの安定感(笑)。

Re:That kinda song-井岡に癒される

結局のところ、西島さんのイケメソぷりを堪能する、

それが映画ストロベリーナイトの醍醐味かな。

ファンすらの期待も裏切る(笑)

実にビジネスライクな映画でした。

ちなみに、私はどの班に所属したいかと聞かれたら

日下班ですね。。。

エンケン相変わらずッス。 ていうか日下て一番人間ぽく刑事やってるやん。 自分の失態を教訓に、 自分の憶測を持ち込まない。 事実だけを繋げていく捜査って刑事らしくて好きだな。 ガンテツは論外だけど、 姫川ってやっぱり日下が思う危うさがあって 才能と仲間と過去にフォローされているわけだけど。 ま、上司として日下だったら 納得して仕事できそうだしねー。 Android携帯からの投稿