Re:忘却の彼方

美しいから飛べるんです、飛行機は。

シャオフェイヤン

今日は前の事務所の後輩のしのださんと

薬膳火鍋を食べに行った。

いやもうお腹いっぱいさ。

軽く気持ち悪いくらいさ笑。

あのカレーみたいはスパイスの香りは相変わらず笑。

しのださんが

『まだ初詣してないんです』

と言うので

ついでに東京大神宮にも行ってきた。

恋愛成就の神様なのに

『お金ください、お願いします』

と祈ったのは言うまでもない笑。

男より金がほしい笑。

保険の効かない他人を選ぶくらいならお金がほしい笑。

そしたら恋愛おみくじは大吉でしたよ。

無駄じゃね?!!!!!wwww

ルミネでお茶しながら

しのださんの話を聞いてきたけど

25歳てそんなに悩んでいたかなあと振り替える。

あの頃から

誰かに依存して生きていくことだけは嫌だったから

なんとか一人で生きていこうと決めていたのは今と変わらない。

ただ違う時代に生まれた感はべらぼうに感じたけど笑。

ほんのちょっとだけ早く生まれた30歳からできるアドバイスなんざたかが知れているが

彼女にはこう言った。

『お金を出さなければ学べないことは山のようにあるから、それで身に付く何かが確かにあるのなら将来のことなど気にせずにお金は使うべき』

Android携帯からの投稿